Home > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

N URL 2007-10-06 (土) 13:36

なんか!建築かじってるポイ口調だなww
オレも前に行ったけど、カッコ良かったな~!デルモ建築wwナイスプロポーションでした!

2007-10-06 (土) 23:37

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ken URL 2007-10-07 (日) 00:51

建築かじってるし!
読み返すと色々文法間違ってるし。

ken URL 2007-10-07 (日) 00:53

はじめまして~
あの階は2階でしたか、2回階段を上ったような記憶があったので3階かと…
情報助かります。
編集しときます!

探偵 URL 2007-10-07 (日) 07:58

私も行った事あるのですがかなりMODERNなコントラストでした(>_<)

ken URL 2007-10-10 (水) 00:49

うそつけ。

コメントはこちら

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://loglife.blog12.fc2.com/tb.php/367-a4723a92
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Log:LiFE
Trackback from 建築って何? 2007-10-22 (月) 14:53

英: Lift)とは人や荷物を載せた箱を垂直に移動させる昇降機のことである。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation: (more…)

Home > スポンサー広告 > 『ノット・ヒューマンスケール』

Home > KENCHIKU

『ノット・ヒューマンスケール』

タイトルの英語、使い方とかもし間違っててもそこはボケじゃない、華麗にスルーしてくれ


先日用事があり名古屋(いわゆる愛知)にいってきた

名古屋周辺に行ったらどうしても訪れたい場所があった

それは建築家『谷口吉生』氏が設計した『豊田市美術館』

谷口氏については後述のwikipediaで輝かしい功績について見てほしいわけだが…彼はものすごい世界中の強豪建築家を押しのけニューヨークのMoMAのコンペをものにしたとんでもない建築家なんです。日本のトップの建築家が世界でもトップクラスだという事を建築知らない方にも知ってほしい、ア○ハだけが建築士じゃないんだよ?


toyota01.jpg

toyota02.jpg

とにかく大きくて人のスケールじゃねぇな…とまず初対面の印象、人を立たせて写真とれば良かったんだがこの写真で見る印象よりも2倍くらい大きいものだと思ってくれていい。
銀色の部分には階段が入ってます。
あと外部の庭、これは芝生と砂利のコントラストは個人的にはとても好きだ、ここも谷口氏のデザイン&設計監修なんだろう(調査不足だが当然そうだと思う)

ご指摘があり『ランドスケープデザイナーのピーター・ウォーカー』氏がデザインされたようです。ほんとに調査不足だ


toyota03.jpg

toyota04.jpg

視線と体を内部に移すと思いのほかこじんまりとし、エントランスは天井も低かった。

階段吹き抜けや2層分ある展示室等は外観同様ビッグスケールだけれどフローリングが細かめのピッチだったり色というべき色は白と金属色と一部薄色のフローリングくらいのものでかなりミニマム

toyota05.jpg

toyota06.jpg

toyota08.jpg

2階に関してはメインの通路(2段目写真)は外部からの自然光(恐らく)をうまく利用して思いのほか明るく抜けた空間、逆に3階の一部展示室は閉鎖的で落ち着いた空間と色々な空間を体験できる導線となっている

ここで導線について、少し複雑かもしれない…というか単に俺が順路というものを守らないせいなのか?多分そうだ、思い返すと展示室が建物中央、通路が外周を廻るような…結構単純な導線だった気がする。


toyota10.jpg

あとよく雑誌や作品集で見る外観写真のポイントは3階2階から外部に出る事ができる屋上庭園からの写真だったのだとその場所からカメラを構えて初めて気が付いた

庭の池と建物と空が美しい…あぁ…デジカメ28mm広角だったらなぁ…というのが正直な感想



まとめるのも烏滸がましい気がするが総括すると出来るだけ使用する材質を絞って、使うと決めた素材については繰り返し使用していた。形状だけでいえばかなりプロポーションに気を使っっている、簡単にいうならスタイルのいい女性のようなものでモデル建築とでもいうべきか、窓の形状やサイズ、庇等にも見るべきポイントはかなりたくさんあった。決してコンセプチュアルではないのだけれど主張してないわけでもない、とらえどころはないのだけれど心地良い建築だと思う…高級老舗の創作和食…みたいな感じだろうか

…正直言葉足らずで伝わり難いだろうが建築を知らずとも見た瞬間『カッコエエ!!!』と感嘆符が付く事は間違いないと断言できるので名古屋近郊へ出向く際は是非立ち寄ってもらいたい。

あと個人的には展示室より空間の隙間の通路や繋の部屋、エレベーター周りのデザインがかなり無印チックな件、あと消火栓などの納め方、エアコンの吹き出し等の設備面を考慮したデザイニングに感心した

この辺り俺の好きな建築家『小川晋一』さんや『坂本昭』さんと同じような『見せないデザイン』というものを重視した姿勢が伺えた

建築目当ての学生もけっこう目に付いた。

あと茶室があったらしいが急いでいたので見る事ができなかった…残念。


芸術の秋という事で知的ぶりたかったらデートに使うのもいいと思う


『坂本昭』

『小川晋一』

『豊田市美術館』

『谷口吉生wikipedia』公式ページが見つからなかったのでwikipediaで



fin.


<追記>
情報&指摘頂いたのでそのことについて
2階の屋上庭園&エントランスの庭園ランドスケープデザイナーのピーター・ウォーカー氏がデザインされた事は先述ですが、氏は2階の大池からスロープのある壁面に水を流すようなデザインを提案したそうですが、谷口氏がそこは譲れない!ということで、今のかたちになったそうです。

お茶室も谷口氏の設計だそうです、くそーまた時間がある時にもう一度いきたいなぁ…

俺は知らなかったのですがピーターウォーカー氏はかなりの大物です。庭自体かっこ良かったし建物の雰囲気にとてもマッチしていたのでてっきり谷口氏が慣習したのかと思いました。う~ん…勉強不足

※ご指摘ありがとうございます。

Comments:6

N URL 2007-10-06 (土) 13:36

なんか!建築かじってるポイ口調だなww
オレも前に行ったけど、カッコ良かったな~!デルモ建築wwナイスプロポーションでした!

2007-10-06 (土) 23:37

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ken URL 2007-10-07 (日) 00:51

建築かじってるし!
読み返すと色々文法間違ってるし。

ken URL 2007-10-07 (日) 00:53

はじめまして~
あの階は2階でしたか、2回階段を上ったような記憶があったので3階かと…
情報助かります。
編集しときます!

探偵 URL 2007-10-07 (日) 07:58

私も行った事あるのですがかなりMODERNなコントラストでした(>_<)

ken URL 2007-10-10 (水) 00:49

うそつけ。

コメントはこちら

Trackback+Pingback:1

TrackBack URL for this entry
http://loglife.blog12.fc2.com/tb.php/367-a4723a92
Listed below are links to weblogs that reference
『ノット・ヒューマンスケール』 from Log:LiFE
Trackback from 建築って何? 2007-10-22 (月) 14:53

英: Lift)とは人や荷物を載せた箱を垂直に移動させる昇降機のことである。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation: (more…)

Home > KENCHIKU > 『ノット・ヒューマンスケール』

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。