Home > 2009年09月

2009年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

今日のiTunesラジオ

■inceptdate

ジャンルはDance/Electoronic系、あんまり何も考えてない時、
よる一人でお酒を飲む、そんな時にBGMとしてドウゾ。

ポコポコシャンシャンダンス系です



ただネットラジオしちゃうとちょっちネットブラウザが遅くなる

早く新型macに移行したい次第。

そんで俺、iPhone買ったら「セカイカメラ」をやるんだ。




Alexander McQueen Puma

ついったーのせいでブログがめんどくさい


editionにいったらカタログ第2弾を10月頃送ります、といってた

やっぱりこの前のやつは正式なやつではなかったんだな~


あと『Alexander McQueen Puma』について
なんかもういかにも『モード』って感じで敬遠してたけど
履いてみると履き心地良いし、自分のシンプルなかっこーにはこれくらい派手なスニーカーでも良いんじゃないかな、と思ったりした。


基本的に自分はなんでこういうデザインを敬遠するのかと考えてみたら、
俗に言う『ハイテクスニーカーブーム』の洗礼を受けた世代だからじゃないかという考えに行き着いた。

『AIR MAX狩り』
とか今の若者は知らんだろう!!

あの一瞬の熱狂をしっているからこそ、ああいったハイテクじみたデザインに拒否感を持っているのかも。

まぁ、つまりはああいうのはダサイと、そのときの拒否反応が残ってるんじゃないのかと。



AMQ34778701_1.gif

AMQ34863201_1.gif

alexander-mcqueen-ribcage-puma-shoes.jpg
pmq0028blu_02.jpg



海外通販で日本定価の6割程度で買えるショップを見つけてしまった。
いつも相手してくれるスタッフさんから買いたいけどこの値段の差はおっきいぞー...





-HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-


連続で宇宙ネタを。








「はやぶさ」のやつ...かっこ良すぎだろう...




「はやぶさ」の活躍がCG映画になりました。


ーあらすじー

2003年5月。日本は小惑星探査機「はやぶさ」を打ち上げた。
その使命は、小惑星に着陸し石を採取して地球に持ち帰ること。
この人類史上初の試みを達成するべく、「はやぶさ」は目的地「小惑星イトカワ」に向け長い旅にでた。

「はやぶさ」が持ち帰ろうとしている小惑星の石は、太陽系誕生の秘密をとくカギを握っている。
地球が、そして太陽系が誕生したのは46億年前。
だが、その時代の石は、地球には存在しない。一方、小惑星には太陽系誕生時の記録が残っていると考えられているためだ。

20億kmの旅のすえ、2005年11月、「はやぶさ」はいよいよ「イトカワ」への着陸を敢行した。
しかし、未知の世界への着陸は思い通りにはいかない。
機体にもダメージの疑いが・・・しかし、このままで地球に帰るわけにはいかない。
態勢を立て直し、2度目の着陸に挑戦。成功したかに見えた直後、「はやぶさ」を最大の危機が襲う。
「はやぶさ」は2010年、無事に地球帰還を果たせるのか。





「はやぶさ」のすごいところ

・第1は、電気推進(イオンエンジン)である。

・第2は、全自動制御である。

・第3は、小惑星の精密探査である。

・第4は、小惑星の着陸と離陸である。

・第5は、小惑星サンプルの採取。「星の王子さまのふるさと」の石をとって帰ること。

・第6は、地球に帰還し、大気圏にカプセルを投入、サンプルを無事回収することである。



全ての項目が画期的な事で、既に1~4については完遂。
5についてはまだ未確認で、2010年の6月に地球にサンプルを持ち帰る。


詳しくは以下バナーより公式HPで確認してみて下さい、ほんとすごいから。





banner_msize.jpg

「H-IIB 初号機」間もなく発射!!

225.jpg


やっべwかっけぇww


本日2時01分46秒、ジャストオンタイムで発射しまーす



宇宙ステーション補給機(HTV)の技術実証機をISSと高度200~300kmの楕円軌道に投入。
高度350~460kmに位置するISSとランデブー
その後、ISSへ接近して所定の位置に相対停止(お互い同じ速度で飛ぶ)し、
ISSのロボットアームによってキャッチされ、ISSにドッキング。


これは世界初の試みらしいです。

この内容が成功すれば日本のロケット技術を世に知らしめることができます。
宇宙への物資運搬にこれから参加していくということも考えられます。


そのへん詳しくはJAXAのHPを御覧下さい。




でもってJAXAでは発射のネット中継をするようです。


種子島上空に来た国際宇宙ステーションをねらって、ぶつけるつもりでH-2Bロケット発射
ぶつかる寸前で失速したロケットを、宇宙ステーション側の作業員がアームで捕獲してドッキングする。


ちょっと違うような気がしますが、だいたいこんな感じの画期的な事なので、
時間の許す人は是非生中継を御覧になってみて下さい。

『HTV搭載H-2Bロケット発射生中継』





[追記]

無事打ち上げ成功しましたよ~
ちなみに2chの実況はすごい勢いでしたw

ISSにHTVがドッキングすれば全ての計画は成功です




わーやったーあがったよー

こちらが生中継の映像でした、晴れてたらもっと上まで見えてたのかと思うと少し残念。







詳しくはNHKのニュースでも伝えられています






「King of Thorn」と日本の漫画・アニメ原作のハリウッド映画

img.jpg

『King of Thron』




『いばらの王』という漫画がありまして
なんか映画になっちゃうようで、吃驚ですわ、全世界配信するっていうし

久しぶりに漫画読み直したけど絶対、失敗すると思うな。




しかし、トレーラー見るとめちゃ面白そうw







めっちゃかっこいいんだけど、期待感煽り過ぎじゃないか...どうなってもしらないぞ





『King of Torn』はハリウッド向きだと思うんですよ、大味でCG映えするだろうし

日本の漫画やアニメ原作では、大失敗の『ドラゴンボール(笑)』や今後『AKIRA』、トビーマグワイヤによる『マクロス』
スピルバーグによる『攻殻機動隊』 キアヌ主演で(不安な)『COWBOY BEBOP』と、続々ハリウッド実写化が企画されています。

個人的には『攻殻機動隊』&『COWBOY BEBOP』は成功してほしいのに、一番こけそうな気がするw

日本のアニメや漫画にまで手を出すくらいハリウッドの原作は枯渇してるんでしょうか?


日本の漫画やアニメばっかじゃなく、『STAR WARS』エピソード7~9を映画化してほしいな。








『ハリウッド実写版『マクロス』でトビー・マグワイアが主役に?』

『ついに「攻殻機動隊」がハリウッドで実写映画化へ』

『ハリウッドで制作される「AKIRA」の実写映画は2部作で原作全てを描く』

『実写版「カウボーイビバップ」にキアヌ・リーヴスの主演が決定!』







アイアムアヒーローがすごい


これすごいおもしろい

詳しくはmixiのレビューみてくれー




通常の世界における異常者が、異常な世界でどういう活躍をするのか期待大




作者の「花沢健吾」作品では、AIとの恋愛を描いた「ルサンチマン」は好きだった。
前作の「ボーイズオンザラン」はヒロイン?と主人公がどうにも馴染めなくて、
読まなくなったらいつのまにか完結してた。映画化するらしいね、多分失敗だろうね。

なんか最終回の評判もイマイチらしいね、読んでないから何もいえないけど


今作の「アイアムアヒーロー」はどちらかといえば私のように「ルサンチマン」は好きだけど
「ボーイズオンザラン」はあまり好きではなかった、という人向けだと思います



興味が湧いても絶対スピリッツを先に見るなよ!

見ちゃったら意味ないぞ!

絶対単行本からだ!










オイオイ日本終わっちゃうんじゃねーの!?

原因は、まことしやかにネット界隈で囁かれる「DEATH BLOG」「東原亜希伝説」というものである。




以下に伝説をいくつか抜粋する。


* 初出はドリームキャストのキャンペーンガール→他機種に惨敗
* 東原が初観戦に訪れた05年1月の嘉納杯で右大胸筋断裂の大けが
* 消費者金融のディックのCMキャラ→全店舗閉鎖
* 細木数子「あんたは他人の運気を吸い取る女だから気をつけなさい」→細木和子全番組降板
* 甲子園 「決勝では常葉菊川を応援します」 → 大阪桐蔭17-0常葉菊川
* ブログのライバルの小倉優子にエールを送る→焼肉小倉優子R176号西宮北店でボヤ騒ぎ
* 鳥人間コンテストのアシスタント→鳥人間コンテスト休止
* ブログで地デジの話題、地デジマークに「これ、すごく邪魔です・・・・」→草薙逮捕
* ヒガピーの夢はノリピー・・・ノリピー夫妻覚醒剤容疑
* 自信のブログが「デスブログ」と呼ばれる

Continue reading

【スゴレン】合コンにおいて男性幹事がもう呼びたくないと思う男性9パターン

合コンにおいて男性幹事がもう呼びたくないと思う男性9パターンのまとめがおもしろい。

中には納得な意見もあるので、俺には縁がないと思っている人も、「リア充死ねよ」と思ってる人も、
合コンに行く機会はいつか必ずやってくる、是非チェックしてほしい。


個人的に盛り上がらなかった合コンや飲み会というものは、同じお金を使うにしても
「これなら友達と安居酒屋で飲んでた方がマシだった」と思わざるを得ない。




以下記事より一部抜粋


【9位】女の子に話かけず、男に話しかける男


もうね、別々に飲みにきたの?ってくらいの状態、あり得ないのにありますね。

例え相手が好みのタイプでなくても趣味が合わなくても、うっすらひげが生えていても、
とにかく男には相手を楽しませる義務があるらしいので覚悟を決めましょう。




【3位】女の子のメンバーがイマイチだったとき、テンションが急降下する男

Continue reading

Home > 2009年09月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。