Home > 2008年11月

2008年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

メトロセクシャルとユーバセクシャル

どっちも初めて聞いた言葉だった

友達にいわれて興味出たので少し調べてみた



□メトロセクシャル(Metrosexual)
その外見や生活様式への強い美意識を持ち、時間と金をかけることに躊躇しない男性、異性愛者(ゲイではないということ)。強いて訳せば、「都会の性意識」となる。
美容院で髪を整えて、スキンケアやファッションに時間とお金を使う、といった像が一般的に理解されている。近年は男性用のエステやファッションが成熟し、男性にも生活やルックスにおいて美意識を持つことが定番。





□ユーバセクシャル(Ubersexual)

ユーバは英語ではなくドイツ語で“超、格別”という意味なので格別のいい男という意味で大体違いない。リアン・ザルツマンというトレンド予測で名高い女性が「フューチャー・オブ・メン」という本で定義された。ユーバセクシャルは、まずメトロセクシャルのように都会的で洗練されているライフスタイルをもっていることが大前提、それに加えてスポーツなどで体を鍛え、体型管理をし、マッチョであり、女性と仕事に愛と情熱を捧ぐ。




全く知らなかったが2つの言葉はかなり以前から唱えられていたようだ。


この言葉はイギリスやアメリカで生まれたということなので今時の日本人男性には少し違和感があるかもしれない。何故なら今の若い日本人男性なら殆どが美容室で髪を切るし、セットに整髪料を使い、まだ一部だろうけれど洗顔や化粧水にもこだわりを持っているから。

日本では何故男性の美容と言うものが簡単に浸透したか?については色々と考えられるけれど、昔から「粋」という言葉があったり着物の着こなしにも個性があったりしてそういった服飾や髪型に対する一種のこだわりというものが根付きやすい風土、だったのかもしれない。
将軍や権力者は建築の様式や茶器にこだわりを見せたり元来芸術やデザインに対して造詣の深い国民性がメトロセクシャルをより受け入れやすくしている、と勝手に思っている


さて、対してアメリカでいう「男」のイメージは今でもカウボーイみたいなタフガイ、なのだという。服や髪型に気を使うのはゲイのすること、という空気はアメリカでは今も根強く残っているらしい。彼等をレトロセクシャルとも言う。

メトロセクシャルは結局アメリカでの流行語となり身だしなみに気を使う男性を増やし新たなビジネスモデルとなったようで・・・そういう言葉に踊らされた感も無くはないですが、結果それが受動的ではなく自分の意志で行うのであれば双方の利益となったんじゃないでしょうか。




□メトロセクシャルとユーバセクシャルの違いってなんだろ?


これに関してはいろんな記事があるんだけどALL ABOUTさんの記事が一番まとまっているし自分に近いと感じたが自分なりに言葉にすると


メトロセクシャルは男性が男性に向けた言葉であり提案
ユーバセクシャルは女性が男性に向けた言葉であり要望



メトロのほうは男性が「ゲイじゃなくてもオシャレに気を使っていこうよ!」という同性からのアドバイス、提案であるのに対してユーバは女性から「オシャレなのは当たり前、体も鍛えて男らしく、そして自分達女性の言うことをもっと聞いて仕事と女性を全力で愛しなさい!」という要望なのだ。

という風に自分なりに結論付けた。


・・・どんだけ求めんねん(笑)

それに、言われてやることじゃないしねぇ



メトロセクシャルの次に来る極上男とは?

メトロセクシャルの進化系“極上男”って何だ?


リンク先の記事は2006年なんだがこのときは全然しらなかったなぁ




了。

「神様ドォルズ」はロリろ巨乳好きの為の漫画ではないよ念のため【やまむらはじめ】

漫画レビュー

07186478.jpg
20080514mog00m2005.jpg
51aCHTjpg.jpg
51oEd44qq4L.jpg




表紙は一見萌えラブコメな「神様ドォルズ」は

ロボは出るわ、人はバンバン死ぬわ、主人公殺されかけるわ、の

一筋縄ではいかないハードなSF漫画です



□ロボット(案山子)

この漫画で登場人物たちの駆る「案山子」というロボットは「神の抜け殻」だそうで、
中身はただのからくり人形だけど選ばれた人間「隻」が操ることによって
兵器なみの力を使うことができるらしい
案山子の名前は日本神話の神様、「菊理媛神(くくりひめのかみ)」
「闇御津羽神(くらみつはのかみ)」等からとられています
この案山子たちの謎に迫るのもこの作品の大きな謎の一つとなっています

kami07.jpg


案山子のデザインは愛嬌があるし、機能=形態なデザインや武器のギミックもオモチャ的で面白いです。




□キャラクター

キャラクターの表情が、というか目の色一つで演技させたりして、
そういうところはベテラン作家ならではの演出、描写の上手さだと思ったり

主人公の妹でツンデレなヒロインA「枸雅 詩緒」
主人公が惚れている巨乳のヒロインB「史場 日比乃」
と明らかにオタク層を狙った感のキャラ設定ですが、やまむらはじめさんが描くキャラは
表情が活き活きしていて、そんなのどうでも良くなるくらい

キャラクターがこちらに心情を伝える役割をきっちり果たしていると思います


DSC03000.jpg
20070722234923.jpg


対して男性側もクールな殺人鬼、影のある主人公、見た目厳ついが優しい男、
中性的な少年におっさん等それぞれ良さ、性格をまだ3巻ながらきっちりと描いていてすばらしい


厳ついピアス男の自炊シーンで「早くきいちゃん(嫁)のご飯が食べたいなー」
という台詞から実は愛妻家で嫁をちゃん付け呼ぶような男だと推測ができ、
案の定その後に優しさを見せるエピソードが注入されます。

そういうところはキャラクターの見せ方が上手いなーと感心します




□ストーリー

閉鎖的な故郷を離れ、東京で一人暮らしを始めた大学生・匡平。
彼のもとにある日、匡平の故郷で神と崇められている「案山子」という
人形を操ることのできる「隻」の資格を持つ実の妹・詩緒が訪れる。詩緒は、
匡平の幼馴染でもあり過去に村へ惨劇をもたらした男・阿幾が、
匡平を追って村から逃げ出したことを告げる。姿を現した詩緒と同じく
「隻」の資格を持つ阿幾は「案山子」を操り、匡平に襲いかかる。



・・・改めて見るとジャンプっぽい導入です

謎の力を使って、ライバルと戦いより大きな謎にむかっていく、という少年漫画っぽい状況なんですが
主人公の追いつめられ具合や敵役のイカレ具合がやっぱ少年漫画っぽくない。
主人公の過去は作者さんが主人公を虐めたかった、トラウマを作りたかったかのような切なくて痛い話が3巻で語られます。
私はこの3巻のエピソードが好きでこの漫画を紹介したいな、という気持ちになりました。


主人公は好意を寄せる相手がいてその人には別に興味を持つ人がいて.......
とまぁそれだけで終らない話なんですが、嫌われるよりもなにより思っている相手にとって
「何でもない人」と思われるのが一番辛いんだよな・・・という切ないエピソードになっています。




□謎

この漫画には数多くの謎や説明をあえてしない部分が多い
狙ってるのか最初から説明する気がないのかそれとも何にも考えていないのか
まだ解らないけど徐々に解明していってほしい

自分でも何が解らなくて何が解ってきてるのかわからないので、だれも求めてないけど勝手にリストにしてみようかと



1.案山子って何なの?
 →木製のカラクリ人形。「隻」といわれる選ばれた人が操る。
  主人公の出身村特有の樹木から取れる樹脂に浸けた木材を使用。
  「何故こんな樹木が育つのかは分かっていない」
  サイズは2m~2.5m程度。「天照素」という巨大(10m程度?)なものもある


2.「阿幾」は誰が逃がしたの?
 →村出身の国会議員が逃したようです(4巻にて)


3.「阿幾」は何故主人公「匡平」に固執するの?
 →過去編(6年前)では既に「阿幾」は「匡平」にのみこだわる素振りを見せていた
  →6年前以前に禍津妃の隻「まひる」、「匡平」、「阿幾」の3人は案山子が戦うのを目撃し、
   それが因縁となっている?(5巻にて)


4.「玖吼理」(ヒロインAの案山子)のビーム(のような)攻撃のエネルギー動力
 →操る人が動かした後異様に腹が減るようなので動力は「隻」かも


5.「阿幾」は護送された時、何を聞いたん?


6.何故「隻」として半人前のヒロインA「詩緒」を殺人鬼である「阿幾」確保に向かわせたのか?


7.「6」の「詩緒」を向かわせた人物は誰?何が目的なの?
 →5話でその人物は描写(恐らく主人公の叔父、それに近い人物)されるが名称、目的共に不明
  その「目的」が今後の展開の大きな鍵になると思う


8.「案山子」は空間を移動できるが隠す「疑空間」とってどこやねん?


9.「詩緒」は壊したプレステをどうしたの?弁償したの?
 →2巻おまけ漫画でー「空速マッハの戦い」(ゲームソフト)をクリアしなきゃー
  「詩緒」が考えているので正直謝ったんだと思う(おまけ漫画時系列は1巻~2巻の間)


10.「阿幾」がヒロインB「史場日比乃」の友人「空張久羽子」を殺さなかったのは何故?


11.「詩緒」(玖吼理)vs「桐生」(武未禍槌)の時「詩緒」(玖吼理)の使った武器は何?


12.「桐生」って誰?
  →「詩緒」の双子の弟、何故か生まれた「枸雅家」でなく対立する「日向家」の地下牢
   で育てられ「日向家」の「案山子」「武未禍槌」の「隻」となっている
   自分の境遇を恨み「詩緒」に嫉妬している。ショタ向けキャラ
   →日向家当主によって、予言のようなものによりその才能のために引き取られたらしい 

13.「阿幾」と「空張久羽子」はどんな共同生活を送っているの?
  →多分4巻で明かされます
   →「阿幾」は「空張久羽子」に興味がないかインポです


14.「匡平」の友人「下山」はなにしてるの?
  →謎2の議員の秘書を務めています(4巻)


15.「匡平」のお父さんは何してる人?
  →言動から恐らく村絡みの仕事はしていない


16.日向の当主の隠す「天照素」という案山子は何か?


17.「器師」(案山子のメンテナンス業)の「靄子」って?
  →「匡平」の同級生。「阿幾」が犬とキャッキャしてるのを見て惚れている。


18.「阿幾」が「暗密刃」(「枸雅家」の「案山子」)の「隻」をはずされたのは何故?


19.「瀬能千波野」の「阿幾」に対する衝動は何を考えてのものか?
  →色々入り交じってのことだと思う、うらやま・・けしからん


20.「匡平」は何故「阿幾」や「瀬能千波野」の異変に気付けたのか?


21.「阿幾」が「隻」を外されたはずの「暗密刃」の前でブツブツ何を話していたのか?


22.「玖吼理」が「隻」の「匡平」の言うことを聞かず「詩緒」の命令を聞いたのは何故?


23.未登場の案山子3体の能力と隻




普通にさらっと読んでも面白いですが、「謎」を意識して読むとまた違って見えると思う。




□総括

やまむらはじめさんの書く女の子はかわいいなー、とか?

最初に記事を書いたのは記事の日付けで、記事の修正している時点(2009/07/27)で5巻まで発売していますが
いまだ肝心なところはスルーしつつ新キャラやサイドエピソードで繋いでいる感じがします。
6巻では重要な過去が明かされるようですのでそれに期待しています。


「やまむらはじめ」さんはベテランのはずなんですが、
未だにブレイクしてないという認識らしいんですね、ネットでは。


他の作品は「ユメノアトサキ」しか読んだことがないけど、けっこう面白かったんですよね。
単純にTVアニメになったりしたらブレイクすんのかな?
だとするとこの「神様ドォルズ」はキャラクターもキャッチーだし案山子も
飛び回ったりする方が受けそうなデザインですし、アニメーション向けだと思うな



しかしサンデーGXは面白いの多いから侮れない







FIN.

Home > 2008年11月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。