Home > 2007年06月

2007年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

『MAROON 5』

46.jpg



こないだミュージックステーションでてたな

びつくりした。


かっこいいねぇ

衣装もお洒落でしたねやっぱり

聞きやすいし

日本で人気あるんすか?

アメリカ人だったと思うけど米のノリっぽくないよな?

何かもうちょいニュアンスが違うッつーか、落ち着いてるッつーか…

とにかくアメリカぽくないと勝手に思ってる。


実はアルバムとか持ってねぇよ俺は。

俺別にそんな音楽好きじゃないし

正直俺にとって音楽は全てBGMなんです
 


『MAROON 5 公式WEB』

『MAROON 5 @wikipedia』



FIN.

『ながれる』

気付けば前の日記から1週間

別に書きたいことがないわけじゃないけど忙しかったり、忙しくなかったりで面倒くさかったのです

時間の流れに捕われてしまったのです



勉強も頑張らないといけませんが、ちょっぴり暗い未来が見えてきました

F君が久々にウツだと連絡をしてきました。

俺は思いました…

電話してる時間勉強すればいいのに…


いや、まてよ…?


それなら俺もBLOG書くより勉強しろよ!!!!!!


けどもう眠いので寝ます

先週は散髪したりあっついお茶で火傷したりしました。

俺の髪のスタイリストTさんは異業種交流会を開いているらしいのですがいろいろ企画が大変らしいです。お疲れさんです

久々のコンペの仕事もありましたがどうでしょうか
コンペ運はない気がします。

あと今首寝違えてます。

PITAPAにしようかICOCAにしようか悩み中

一週間前に剃ったひげが復活しました

正直自分のひげが一週間で伸びることが驚きです

今は顎だけにしようか、上下セットで行こうか悩み中


何か雨って憂鬱だね。




FIN.

『ニセ科学』

「水に『ありがとう』と書いた紙を見せて凍らせるときれいな結晶になる」

…という奇妙な言説を聞いたことがあるだろうか。

 「ない」という人は幸福だ。
「ある」と答えつつ、すぐに「なにをバカな」と笑い飛ばした人もまた健全である。
しかし「そんなこともあるかも」とか「なんとすばらしいことだ」と思った人は、奇妙な論理にとらわれてしまった人である。

水がどのような条件で、どのような結晶を作るかは、中谷宇吉郎による記念碑的な研究により解明されている。物理的条件さえそろえれば、水がどのように結晶するかはコントロールできるのだ。そこには、「ありがとうと書いた紙を見せる」「ありがとうという念を送る」といったあいまいな条件が入る余地はない。


ところが、この奇妙な言説はここ数年、世間に広がってしまった。


きっかけは、江本勝という人物が出した「水からの伝言」(波動教育社刊)、「水は答えを知っている」(サンマーク出版)などの一連の書籍による。
これらの書籍は「実験」と称して、水に「ありがとう」と書いた紙を見せて結晶を作成してみたり、「ありがとう」の念を水に送って結晶させるなどして、「その結果、美しい結晶が出来た」と、きれいな水の結晶の写真を掲載していた。

これが妙な具合に受けてしまい、江本氏の本は、数十万部を売るベストセラーになってしまった。

その結果、テレビで芸能人が紹介したり、この本に影響されたドラマが放送される事態が発生。加えて、教育技術法則化運動(TOSS)という教師の間で広まっている教材や授業を開発する運動の中で取り上げられ、「水も『ありがとう』という言葉に反応してきれいに結晶します。だからみなさんも美しい言葉遣いをしましょう」という形で道徳の授業に使われてしまった。

どう考えても科学的な誤り、それも「水が自分の思いに反応する」というアニミズム的錯誤が教育の現場に入り込んでしまったのだ。

この「水からの伝言」のような、一見科学のような装いをした間違った主張は、まとめてニセ科学と呼ぶ。

教育の現場に、ニセ科学が入り込んでしまったとなると、問題は重大だ。
2006年3月に開催された第61回物理学会年次大会では、ニセ科学にどう対抗するかをテーマにシンポジウムが開催された。

インターネットでも、学習院大学の田崎晴明教授による「『水からの伝言』を信じないでください」、山形大学の天羽優子助教授による「水商売ウォッチング」(サーバーはかつて天羽助教授が在籍したお茶の水女子大のドメインにある)、大阪大学の菊池誠教授による「ニセ科学関連文書」といったページが、「水からの伝言」を信じてしまうことの危険性を警告している。最近ではこれらのページが、「水からの伝言」で検索しても上位に来るようになっている。




『こちらニュースソース』

『類似科学@wikipedia』


はいはい、ちなみに赤文字で記したとこの芸能人って多分マンションジャンプ世界記録保持者(ラージヒル)くぼ○かクンですよ。

俺その番組リアルタイムで見てましたから

くぼ○かクンはその時大麻についてもあつく語っていましたっけ…

ちなみにマイナスイオンもなんら根拠のないニセ科学の代表です。




夢のない話ですが、こういったことを事実だと思い込ませて悪事を働く輩も多いっつーこと


人は美しい話や信じたい事を信じたがる生き物だからね




fin.

『こんたっく』

今日アレルギーが出たが仕事もあるのでコンタックちゃ~~~ん

を飲んだ

かなりキクがうすら眠い

今も眠いが仕事をする俺

そして無駄なblogを書く俺

とりあえず今はビルケンのサンダルが欲しい。

アレキサンドリアってすげーカッコイイ名前のやつ



fin

『ホモ爆弾』

米軍、「ホモ爆弾」の開発を検討
米空軍の出費を調査していたバークリーのある監視機関はこのほど、敵をホモセクシュアルにし、戦闘よりもセックスに関心を抱かせる「ホモ爆弾」の製造を空軍が提案していたことを明らかにした。国防総省はCBS5に対し軍首脳部がこのホルモン爆弾を検討した上で却下したことを認めた。

バークリーズ・サンシャイン・プロジェクトのエドワード・ハモンド氏は情報公開法に基づき、オハイオ州デイトンの空軍ライト研究所から提案書のコピーを入手した。提案書は、非致命的武器の開発の一環として、「不快だが完璧に非致命的な例として、特に同性愛的な行動をひき起こすような、強い催淫剤が挙げられよう。」としている。この書類によれば同研究所はこの化学兵器の開発費として750万ドルを申請している。

「ライト研究所は敵の兵士をゲイにする化学物質を含んだ爆弾を提案していました。抵抗できないほど兵士が互いに惹かれあって、部隊の機能を停止してしまおうというわけです。」

ハモンド氏は書類について語った。「少量であれば人体に好ましい化学物質を、呼吸や皮膚の露出により摂取させ、兵士をゲイにしてしまおうというものです。」






…アメリカ軍アホだ、真性のアホだ


ある意味恐ろしい兵器…やっぱアメリカは敵に回しちゃいけないな…



逆の伝説もある


レウクトラの戦い(紀元前371)
戦闘開始後、まず双方の騎兵同士がお互いの主力(ボイオティア左翼、ペロポネソス右翼)の前で衝突するが、これはペロポネソス騎兵の自軍戦列に向かっての敗走とそれによる戦列の混乱という結果を招いた。

この混乱の最中にボイオティア軍最左翼に配されていたテーバイの「神聖隊」が突入してさらに戦列を乱し、最終的にはボイオティア軍左翼集団の戦列の厚みに押し潰される格好でスパルタ軍は敗走した。

このスパルタ軍の敗走によりペロポネソス同盟軍の中央・左翼は後退を開始し、ボイオティア軍の勝利が確定した。



ちなみにこの戦闘で重要な役割を果たしその名を馳せたテーバイの「神聖隊」は同性愛者によって構成されており、愛する者と共に戦うことで士気が高まり十分に力を発揮することを期待されていた精鋭部隊である。



本当はホモはつえーんだって!

※ホモの人に『ホモ』っていっちゃいけません、『ゲイ』と呼びましょう。


『wikipediaレウクトラの戦い』

『痛いニュース』




fin.


『活字でハッスル』

言葉にすると不思議と悪いものが抜けると思う

オレはそう思う


オレが悪いのか

世界がわるいのか、グッドウィルの社長が悪いのか、菅直人が悪いのか小泉が悪いのか金正日が悪いのかダルフールは中国のせいなのかもう何が悪いのかわかりません。


けど、こうやって人に結果を求めようとしてるときってロクなことにならないって知ってるんだよね~…経験上


なんだか仕事以上に、人間関係って難しいよね

イヤ、一番難しいよね。



なんだ、つかずはなれずでいいのか?

そうなのか?

離れると寂しいのか?

そうなのか?

近すぎるとうざったいのか?

そうなのか?


オレジブンガワカンナクナッテキタヨ…

よくわかんね~、自分自身が一番わかんねぇ…
なんでできない約束をしたり10分前の話を忘れてるんだ?

オレって何だ

自分を説明できないのにどうして人のことを評価したがるんだ、自分は悪くない、あいつが悪いんだって!

完璧になんてなれやしないのに

なんで人に完璧を求めたがるんだ

自分に一番興味があるのに。

誰よりも自分が一番大事なんだろ!!


言葉なんか…くだらない



自分を偽らないと、目を逸らさないと結局人間関係だって築けないのか…

自分がどれだけゲスな人間か良く分かりました、フヘヘ…サーセンwww







なんだこのブログは、書いたやつ…腐った温州みかんだな!!!!







温州ってうんしゅうってよむんだぜ!!!

おんしゅうって思ってただろ!!!



結局オレがオレにいいたいのは知ったかぶりすんなってことだよ






fin.

『mixiの日記について』

何か普通の日記の方がコメント多いのはなぜ?

俺は変な画像の方が面白いと思うんだけどなぁ…

あんまり変人さを表に出さない方がいいんだろうか。

今度は実験的にSMの話を日記に書いてもみようかと思います。



fin.

『こんにちわあの世』

俺…仕事死するかも

今日衝撃の事実が明かされました

現在進行中のプロジェクトの提出期限が来月上旬となったらしい

無理です、ハイ。

その予定表ではもうすでに先月末から作業はいってる事になっています

…ウソーオレナンモキイテナイデスケドー…


こんなんドMでも嬉しくないわ、俺Mちゃうし


とうとうピンチの神がウチにもきたようだ…



もう勉強なんてしている暇はありません

遊んでいる暇はありません

お金なんて100円玉も見当たりません

時間さえもありません

もう既に優しさは遥か赤月より向こうに捨ててきました

苛立が隠せません

命の保証もありません



できればもっと生き…た…かっ…た……ヒデブーー

『an opportunity?』

潮時(しおどき)=(英)an opportunity

1.潮水が満ちる時、また、引く時。
2.ものごとを行なうのに最も適する時。 
3.時期。時間。特に、出産や死亡の時に用いる


らしい

実をいうとお恥ずかしいが、ずっと『潮時』はマイナスイメージだと思ってた

けどけっこう肯定的な意味なんだって知りませんでした、一つ賢くなれました。


政治家さんたちは『潮時』の意味をもちょっと勉強したほうがいいね、大臣も死んじゃったしね。最悪の責任の取り方のいい見本。松岡さんにはワリィけど。



端から見ると上手くいってるようでも実はそうでなかったりするもんで

別に俺がどうこうってんじゃなくて知人の話だけど、まぁ今やってる事をやめるらしいです。
俺がどうこういう問題じゃないけど、ずっと続けて欲しかったなぁ…それが縁でせっかく知り合えたのにねぇ


まぁ潮時ってのは上にも書いたけど


ものごとを行なうのに最も適する時


なので『終わり』じゃなくて『始まり』なんだろう…と

PT(ポジティブシンキング)しようぜ!

だれにとっても『潮時』はくるけれど、できるだけ長い間いろんな人と、いろんな仕事でいろんな経験をしたいもんだみのもんた

そして時間ってとても大事なものだと再確認

Time is Money、時間は金出しても買え!っていう意味なんだぜ、多分





fin.

『ねこに』

こないだねこが背中に飛びついてきた

まさに漫画のように。

爪たてて。

ニャロ~…




右手左手三つずつの爪…

多分俺に霊的な何かを感じたんだろうね







fin.

Home > 2007年06月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。