Home > 2007年03月

2007年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

『もしもボックス最強伝説』

こないだ久々にドラえもんみたんだわ

いやね、大山のぶ代氏がクビになってから勇退されてから見る事は無いな…と思ってたんやけどついついどんなかな~って


そうそう…オープニング曲へのツッコミはおいといて


『もしもボックス』のハナシだった訳です


『もしも○○な世界だったら』って公衆電話形の未来道具(矛盾してるよな)に電話するとその世界に変化するっていう、そんなとてつもないアイテム


利用制限があるらしいが正確には不明
あくまでも資本主義国日本でのおハナシですので金次第でしょう

マニー次第で使用時間や実現出来る世界がかわるってことじゃないですか?

てゆーか『ぼくにどらえもんを1台下僕に下さい』ってゆうだけでのび太のような悠々自適な暮らしができるんだから…

ドラえもんの存在意義さえ消してしまう危険な道具でした

そのアウトロー感に惹かれましたね。




そもそも『もしもボックス』とはパラレルワールドを生み出す、もしくはもしもボックス作成者が想定していたものであらかじめ用意されてるものなのかもしれない


パラレルワールド…もう一つの世界、同時進行中の違った空間の世界です


とにかくそんな感じでおそらく自分の都合のいい世界を作り出す、もしくはワープ、催眠のようなことが出来るとてつもないマシンですがのび太の知能指数じゃたかが知れた感じです、『鏡の無い世界』や『あやとり世界』『おひるね世界』とかね、ハッ!ホラやっぱ負け組丸出しです


あやとり世界なんてドラえもんの手がみんな知っての通りあんなボールなのであやとりができないってブチ切れして世界を戻すってオチ


映画ではもしもボックスがなくなるわけですがそしたらどうなるかって厳密に考えるともうめちゃくちゃで、タイムマシンで過去に戻りどーのこーのってパラレルな世界と過去の自分の世界がつながってる?って事になります


だからタイムマシンで移動できるってことは同じ時間軸上にパラレルワールドが存在する事になるんじゃないですか?


A:パラレルワールド、もしもボックスが破損、もしくは廃棄されている状態 

B:現実世界(Aと同時進行の別世界)

C:現実世界(Bの過去であるもしもボックスを使う前)

A:パラレルワールドがあらかじめ存在すると仮定した場合のCと同時刻のPW


とするとA、Bは同時間上の別の線路をいく途中下車なしの新幹線みたいなものでタイムマシンはそれを追い抜いたり逆走はできても違う線路へはいけないはずですよね?アレ?違う?

だからたとえCの時間へ戻ろうとAからタイムマシンを使ってもDへたどり着くわけじゃないですか?

だからCへいくためには一度パラレルワールドから抜けるしか方法がないでしょ


時間をコントロールできたとしても四次元のハナシでパラレルワールドは存在するとすれば外宇宙、もしくは別の宇宙ということに、もしくは精神だけの存在する高次元空間であってもしもボックスは現実世界の精神だけがそちらへ転送されるという仕組みなのかもしれないですが…


単純に催眠なら簡単でしょうけれど、パラレルワールド死ねばやっぱり死ぬんですからそこは催眠じゃなくやはり別世界=別宇宙ってことになるでしょ




結局ハナシがそれて、って別にいいたい事は何も無くて日記みたいな…

時間あったから妄想してたみたいな…


けどもしももしもボックスがあったらみんなもしもボックスを持っててみんなもしもボックスにもしももしもっていう訳でもしももしもボックスがたくさんあるともしもボックスの意味が無いですね



あなたはもしもボックスがあったら何に使いますか?

そう…俺なら俺なら『AXEのCM』みたいに…『誰一人争うことのない思いやりのある世界』を願います、そして誰も使えないようにしてもしもボックスを破壊して海に捨てます


イヤイヤ…人として当たり前のことをしたまでです


※今記事のリンク、AXEのCMばかばかしくておもしろい




fin.

『最近まとめて見た映画たち』

まとめて見た映画のまとめ



『DO YOU LIKE ヒッチコック?』★☆☆☆☆
何だコリャ?です
おっぱいポロリばっか。
全部見て分かったのは主役の性癖が覗きだってことだけです


『TOMORROW WORLD』★★☆☆☆
クライブオーウェンが出てるってんで見ましたがガックシort
戦闘シーンのカメラは良かった


『16blocks』★★★☆☆
ブルースウィルスがんばり過ぎでワロタ
あとラストが2通りあるのでお見逃しなく!
俺は2つめの方が好きだなぁ

ダイハード4が期待出来る。


『PRIZON BREAK』★★★★☆
残りのエピソードが出てたので見た
続きが気になるがもはやPRIZON BREAKではない


『SAW3』★☆☆☆☆
なんだかなぁ…
SAW1をぶち壊したなぁ…
残酷にすりゃあいいってことじゃない


『OC』★★☆☆☆
これなんでみんなはまるのかわからんな、殆どビバヒルやないか!
エビちゃんも見てるんですか?
ミーシャ人気あるんスね、シックスセンスの幽霊のくせに!


『イルマーレ』★★☆☆☆
まぁまぁでした
なんでポストが?って疑問はおいといて…もどかしい


『DEATH NOTE2 THE LAST NAME』★★★☆☆
俺のLはあんな死に方しない!
…けど中々です
局長にはサクラテレビに突っ込んでほしかった


『日本沈没』★☆☆☆☆
柴崎コウかわい
草剛ほお骨ですぎ


『M I 3』★★★☆☆
相変わらずトムはイケイケです
さすがサイエ○トロジー
内容ラストがちょいあっさりし過ぎです


『ブレイブストーリー』★★☆☆☆
声優・松たか子は良かったよ。
ストーリーは原作をダイジェストにした感じ?
つめ過ぎだ、ゆとり教育は?


『グエムル』★★☆☆☆
主役が主役面じゃない。
つーか何か変ダヨ
真っ当なコメディやな



『もしも昨日が選べたら CLICK』★★★★☆
これね、けっこういいので個別レビューしたかったけど忙しい時期に無理矢理見ちゃって情熱が薄れたのでここにMEMOしときます

時間をコントロール出来るリモコンを手に入れた男の喜劇と悲劇。
結局自分に与えられた人生を精一杯生きることが大事なんだなぁ…と
元はクリックというタイトルです、そっちのほうがしっくりくる
喜劇→悲劇への展開も絶妙

ラストがもう少し…ねぇ?
ラストは雨のシーンの所で俺は切っちゃってもいいと思いますよ監督




DVDは大体覚えてるのでこんなもんです、ずーっと忙しくてみれなかったので短期間でまとめてた。抜けてるのもあるかもしれない。
結構最近のからかなり前の、アニメからSFまで幅広く。

わざわざレビューするほどのモンがない


リンクも面倒い位です

ですがちゃんとリンクはタイトルに張りました
初対面B型っていわれる系のちゃっかりしっかりA型なんで





FIN.

『フォースですよね』

今日は中学生ぶり(10年越し?)にアイススケートへ行きました


最近浅田とか他数名のお陰でナウいスケートってことでそこそこ込んでました。

そしてそこらをクルクルクルクル子供たちが回っておりました

俺へたくそ

ガキンチョ…マジでうめぇ~…引くよ、最近行ってない人行ってみな。

つーかスケートって…そういや何でスケートいったんだ今日は。




そんで全然関係ないわけですが

2人のSTAR WARSオタクがライトセーバーでチャンバラする動画とか面白い

見てくれ、こいつらマジだ



「Ryan vs Dorkman」





『Ryan vs Dorkman ep.2』






いや~…ばかでしょ~こオタク共は~


やっぱりEP.2の方が良くなってるね~技術が進んでるし実際見応えあるけど…

だからってどっちにしろバカなわけだ。


それと2人とも凄くオタク臭漂わせてるよな~

いいキャラだわ。

2人にはこのままいつまでも童貞を守ってほしいな


つーか、『Dorkman』…眼鏡はずせってよwwww



※今回STAR WARS知らないと楽しめない記事になっております







fin.

『Open Sky MEHVE』

いや~一仕事終わって一休日。

今週末までゆっくりしようと思ってたんすけど。

今日は悪い人につれまわされました


来週からは新プロジェクトと今回の仕事の見積り上がり次第実施設計です

そして恐らく仕上げがダウンダウンします。

テラスの屋根が無くなるかもしれないです。

そしたら笑っちゃうね、ハハハー



そしてさっきネットサーフィン(死語)してたら見つけちゃった


『メーヴェ』だ


これメーヴェ!キタ!!


ナウシカ!!


メーヴェ!!!


みんなの夢がもう少しでかなうトコまでキタ!








若干…コーフンしてんの俺だけ…??!!


あとはこれにスタート用のエンジンを積めばメーヴェになる



宮崎駿氏かしこいね、やっぱり天才

漫画の設定とほとんど同じもんが空を飛んじゃうんだから

いや~…憧れたよね~メーヴェ!!!



この体験会に若い女の人がこれに乗りたいって応募かなりあったらしい

体重制限58kgまでだから女の子しか無理ですし

ver3.0で完成らしいのですよ、今は2.0ですよ

もう少しだ!八谷和彦さん頑張って!




メーヴェで通勤…

いいねぇーー!


これで山をこえてビルこえたい、風を見たい。


メーヴェライダー?

うん、スポーツも良い。




あと、ナウシカって映画と漫画じゃかなり内容違うんすよ、
というか映画は漫画全7巻のうちの1巻半位
漫画の方が内容が濃く深いので今度ナウシカについて書きます

『OpenSky 2.0』

『メーヴェについて』





fin.

『鉄也です』



img316.jpg



違う。

徹夜です

多分徹夜でしょう。


納得いかないので仕事終わりません

多分道具と技術的限界強度にぶつかっている感じなので
今日の俺にはこれ以上はない気がする


仕上げる→見直す→手直し→気に入らないのでやっぱ消す→最初に戻る


エンドレス、もうダメぽ




fin.

『ダイオウグソクムシ』

知る人ぞ知る深海の人気者!!!




俺の独断と偏見のみで誰も求めていない

『ダイオウグソクムシ』を特集してみた!!!!


こいつは本当に存在する思ったら感動する

地球は素晴らしい、深海ってすげぇ!



エイリアン級の存在感を醸し出すダイオウグソク虫

そうですね~…

想像してみて下さい…


猫ぐらいの大きさの白いダンゴムシを!!


はい、それです、今頭に浮かんだそれがこの後登場します。










380353_028542ead3.jpg

296163753_39ed3542d9.jpg

funny_creature2.jpg

funny_creature1.jpg

21.jpeg







『身体的特徴』

体長35cm。巨大なグソクムシで,等脚類中の最大種。
体形は典型的な紡錘形で,胸部各節の背面は微細なくぼみが多数あり,さらに,前縁に沿って浅くへこんでいる。このくぼみに,体を伸展させた時に前の節がのる。頭部には各側の後側縁から短い線状の横溝がある。頭盾は中央が三角形で,頭部を越えて突出する。第7胸節の側甲は小さいが,第1~6腹節では側甲は後方のものほど鋭い。腹節では第3節が大きい。腹尾節は板状で,弱い正中稜がある。後縁に沿って13本のとげが並んでいるが,各側端のものは小さく,不明瞭のこともある。尾肢の内肢の先端縁に12本,側縁に4,5本,外肢の先端縁に4,5本,外縁に10本の可動のとげが並んでいる。各胸脚は指節が鋭いかぎ爪状で,前3対では湾曲した前節とともに不完全なはさみを形成する。最後の胸脚のみやや細い。各節の末端には黒色のとげが多数ある。



『性質』

深海のスカベンジャー(掃除屋さん)であるダイオウグゾクムシは、海底に棲んでいます。高い水圧、そして太陽の光が届かず暗く、4℃を下回る冷たい海底で一生を過ごしています。

棲んでいる底質は、軟泥などの身を潜ませられる場所で、暗い海底で物を見るために発達した大きな三角形の目を持っていて餌を探します。ダイオウグゾクムシは肉食性ですから、餌は死んだ生き物(クジラ、イカ・タコ、魚、クラゲ。ナマコ、カイメンなど)ですが、傷ついたり、弱った生き物も襲って食べているようです。動きの遅いヒトデを捕食していた例も報告されています。

ダイオウグゾクムシは大きな遊泳脚を持っていますので、移動は飛ぶように速く移動できます。

小さな虫が餌を食べている音を聞きつけると、水の中から飛び出して餌めがけて飛んで行きます。

餌の魚周りではいつも数匹が上空を飛んでポジション争いをするほどです。餌を食べるときは泥にしっかり餌を押さえつけて、大きな口でほおばるように食べていきます。

甲羅の中は大半が消化系ですので大食漢です。トロール船の網の中でも一緒に捕獲された魚を食い散らかして漁師に嫌われている程です。
深海の生き物の特徴かも知れませんが、ダイオウグゾクムシは飢餓に強く、飼育中に8週間も餌を食べずに活きた例もあります。

深海の海底で最も多く棲んでいるのがダイオウグゾクムシですが、遊泳力があって潜水調査船よりも速いので、潜水船からは意外に観測されませんが、カニ籠などのトラップをしかけておくと捕獲できます。


『分 布』
フロリダ海峡からメキシコ湾,カリブ海を経てアマゾン川沖合までの西大西洋,インド洋北部,水深310~2,140m。





ちょっ…!!移動は飛ぶように速くって何だよwwww

恐いよ、反則だって黄金時代のジャンプより反則だ



何せ潜水調査船よりも速く泳ぐので

簡単に書いてるけど凄い

こいつが人間を食すようになったらもう俺達食われるしかないな



日本でも漁師の地引き網でたまに上がってくるらしいです

そんな時でもこの記事を見た人は冷静に

『こいつは…体長35cm。巨大なグソクムシさ!等脚類中の最大種。体形は典型的な紡錘形で,胸部各節の背面…』という風にカッコ良く対応できますね!

ダイオウグソクムシさえマスターすれば海でモテますよ


おまけ

『スカベンジャー・グソクムシ』←動画です…高速再生…グロwww









fin.

Continue reading

『こいつ…かっこえぇ』

アメリカのミリオネアの動画ですが、かなりイケてるし

とりあえず何も書くことは無いので動画を見てくれよ






うひょ~!!

かっこよすぎて鼻血でるべ?!




しかも一億円!

そこもびっくり、さすがアメ公



この司会のおっさんの名前もみのもんたってゆうんですか…へぇ~…






※追記です

いやいやいや…知らなかったよ

あんま詳しくないからわからないんですが、
mixiの日記ってyoutubeとかの動画タグがついてたら対応しないのかよ?


この日記が全然リンクしてない事にさっき気付きました。

せっかく面白い動画見てほしいんスけどね~…

どうにかしてくれmixiさん!




※追記の追記です

上の追記の件俺のカンチでした


けど反映されるのがけっこう遅いような気がする…







FIN.

『末端神経』

今日はまじめに日記を一つ…


いやー月初めにもかかわらず相変わらずビンボーですわ~

今の仕事のギャラは当分先に入るらしいので貧乏暇なし

流行りのワーキングプアです、なんでものっかりますよ俺は!


一人暮らしなら腹へって今頃餓死ですわ




いま取り組んでるprojectについて…

本気で俺をニートだと思ってる人に向けて。


中々今までにない大規模なものでして…

建物規模でいうと1700平方メートルちょっとの規模の建築物です、でか

レストランありの販売系の建物で詳細はあんまこんなblogじゃいえないですが…

特殊な業種です。



今回はその改修、そしてイメージチェンジのプロデュース兼
デザイン監修兼内装のデザインって…うん、分かりにくい

つまり『イメージ一新・より良く、オシャレに』ってことですよ!




プロですから(これでお金を貰うわけで)半端は出来ません

プロですから今自分のできる限りの事、ベストを尽くさなければなりません

今自分がどんな状況でしんどいとか花粉症とか裏の犬がうるさいとか
お金がないとか…お施主さんや関係者の方々には全く関係ない事です



いや、でもね。

俺だって人間ですよ、疲れたりやる気がいまいちの時もあります

それが理不尽な要求であったり、はたまたコロコロ変わる要望であったり…

外的要因なら尚更です



俺達が一般の仕事と違うのは『人のお金で人のモノを作る』ってことなので
決定的に力関係は相手側です

しかも金額はかなりのものですので尚更シビアです


あぁ~力関係…とか嫌な言葉ですね~

違う、ほんとは力関係なしに考え等を言い合えて最高のモノができるんでしょう

けど、逆に友達みたいになってもいけない。

馴れ合い禁物

最低限の尊敬と批判は必要です

さて、何がいいたいって答え別に何にも用意してないので

まぁ延々と続く試行錯誤とジレンマです、答えがあれば良い訳じゃないし

答えがあってもそれがいつも正しいわけじゃないですので





え~とつまりどんな無理難題が降り掛かったとしてもそれを独創的なアイディアと知恵とセンスで切り抜けるのが本物でしょ、出来なきゃ俺達がやる意味ない。

ってか!厳し!!!

うすっぺらいモン作っても意味ない

この仕事の結果ってその場所にへたすりゃ50年以上残るもんなので

ヘッボいもん作れるわけがない!

厚顔無恥!

恥ずかしすぎる!ってハナシ



その辺が特殊でいろんな制約上見た目はもちろん+αさえままならない状況が多いです。
けど!それを何とかとかするのが俺達の仕事!



他にも外的要因色々ありますね、厳しい現場や時間制限、予算の切り詰め、情報錯綜…

この中で一番攻撃力があるのは『予算』関係です

さっきも書きましたが『人のお金』で仕事するわけです

当然減ったり…はたまた減ったりしますよね(増える事はほぼ皆無)

減ると仕上げがどんどんランクダウン!



素材がだんだん偽物になっていく訳で…

それで良い訳ないのに…

けど予算内でおさまった…とそれで納得する人が多いのが事実


周りの木ぽいのは多分ほとんどプリント化粧板とかですよ、偽物です。

イヤ、もちろん本物もあるので、クレームはナシでお願いします



そ~いえば…タイトルの意味は

いい建築には神経が通った生物のような活き活きした力や躍動感、自然との調和する力、何より実際触れて感じて『本物だ!』といえる清々しさがある

建物末端まで建築士やデザイナーの意志が行き届いた建物はきっと常に新しかったり、斬新であったり。人に『何か』を思わせるはずです(何かは人それぞれ、何でも良い)

末端…隅々ってこと、抜かりないって事。ちゃんと考えてこういった形、色、素材、光になっていると感じれる部分。

そういうのは末端まで意識があると思うわけです、で末端神経というカンジ


なければ…残念な感じです、気の抜いた部分や余計な意志を建物から感じると『あぁ…』みたいに思います。


…分かりますか?








建築家はオーケストラでいうと指揮者みたいなもんです









fin.

Home > 2007年03月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。