Home > 2006年11月

2006年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

『REAL vol.06』

リアル6巻、久々発売。

当然購入





全巻読もう、ひたすら泣ける

毎巻一回は泣かされる

ホントに漫画レベル高すぎる

ちなみにコレ映画で作ったとして『泣ける』程かどうか?

漫画にする題材としてどうなのか…?!と最初思ってましたけどこの題材を『井上雄彦』さんが書くからこそエンターテイメントと重いテーマが成立してるんだと思う

登場人物の『怒り』『焦り』『喜び』『悲しみ』『妬み』『信頼』『劣等感』『後悔』『絶望』そして『希望』…人間のイヤな所もイイ所も色々な気持が染み込んで伝わってくる感じです

3人の主役の1人、『高橋』はヤなやつですが彼が100%悪いんじゃないんです
6巻は高橋の人格形成の過程の話がメインみたいなもんです

それぞれジレンマを抱えてそれでも前向きに生きて行くしか無いって事ですね、
6巻の『野宮』の…


 
俺は何を目指すのかすらまだみつかってねーや。

でもだからこそ。

今を生きることにした。




(前後略)

…う~ん、深い…ホントそうですよね。

そんな言葉が必要な人に是非読んで欲しいね…

個人的には『バガボンド』と『リアル』は並行しないでどっちか先に終わらせて
片方に集中してやってほしいけどね~…井上さんは『バガボンド』と『リアル』お互いがいい感じに関係してるみたいなことゆってたからそういう気はないんでしょうが…


あ~あと『REAL』と同時に買った『安野モヨコ』の『働きマン』おもろいよ~!
モーニングで連載中、気が向いたら何かblogに書きますけぇ



※ちなみにラストのシーンで泣きました

 正直漫画で泣くのは25歳にもなってヤバいなぁと思います





fin.

『Adam Silverman&LUCIE RIE』

  • 2006-11-20 (Mon)
  • MONO
先日N広君と神戸のEDITIONに行った時の事なんですが、『Adam Silverman』の陶芸作品が展示・販売されているのを見て、たまにはクリエイターっぽい事も書こうかな~と思った訳です

adam01.jpg


『Adam Silverman』はロサンゼルス出身のアーティストで、『X-LARGE』を立ち上げた人で、現在ではモダンな陶器を制作している、今後要注目な陶芸家です

EDITIONで写真撮れなかったけど作品はこういう感じです

adam02.jpg

adam03.jpg



前に雑誌で『日本の釜で焼いてみたい』とか言ってました、作品もその雰囲気出てます

色鮮やかで表面がゴツゴツ(詳しくは後述)とした陶器が多いみたい、彼はモダニズム全盛期に流行った形のものも好きなんだろうな~と思う。
今ビンテージを手に入れるのは難しいし、ADAMの作品は購入出来るARTとして素晴らしいと思う

こういう陶器ってどんなテイストの部屋にも案外似合うもんです

イームズだって日本の民藝品を無造作に自宅に飾っていましたし

作品を見る限りadamは俺の大好きな『LUCIE RIE』に影響を受けてることは間違いないっす(特に溶岩釉)



rie.jpg

リーの写真はいつもこんな感じで俺的にはカワイイおばあさんのイメージなんですが、作品は力強く繊細


rie03.jpg

写真右側の器の模様、『掻き落とし』という陶器に直接釉薬を塗りそれを針等の細い物で掻き落とし模様とする技法です


rucie01.jpg

『ポテト』と呼ばれる上の口が内側へ巻き込んだぽってり形の物


lie06.jpeg

色鮮やかな釉薬の重ね塗り


lie05.jpg

『溶岩釉』といわれる独特の表面に気泡で出来た穴を意匠にした手法+2色の粘土を練り混ぜて轆轤を回す手法等、当時では驚き!な手法を生み出した先駆者です


他にも白器が有名ですが写真無しデス…作品集は持ってるけどスキャナがないし、残念ながら載せれない!ルーシーの陶芸を見た時『スゴク日本の器ぽい』というのが最初の感想でした、それが30-40年以上前に作られたと知って…正直シビレました

とてもモダンでエネルギーと探求心に満ちた作品が多いです、関西でもまた展覧会して欲しい、作品集は眺めるだけでも深い所へ気持が持って行かれます
…てゆうか実際見てないと良さは伝えれないです!


今回blogに書く事でlucie lieのこと軽くネットで調べてみたけどあんまりヒットしなかった…人気ないのかよ!?てことでこのblog見た人は少なくともルーシーリーの名前は覚えといて下さい、『mixi』から来た人は次に会った時チェックしますよ

adamのおかげでlucie作品を見直すきっかけになりました

最後に…ルーシーの器は勿論一般人に買える様な金額ではありません、買うならadamにしときましょう

さっ!今から仕事仕上っか!




fin.

『ネットで拾ったバカ画像1』

昨日は知人の急な誘いで大阪・天王寺のものすごい小さいライブハウス(ボックス?)に行ってきました。

過去最強にミニでした、酸欠でした

楽しい人達との出会いや酒とアツイ音楽・モツ鍋、オナラ…色々と楽しかったです

この会合誘ってくれた知人っていうのがここでは書けない位ものすごいです

じゃあ書くなよ!と思いますね、しばいてください

でも一度軽く触れておきたかったので書きました

そしてあまりにビンボー過ぎて人に迷惑を掛けました…本当自分の周りの色んな人達にず~~っと助けられ、励まされてます

いつかそんな人達みんなに恩返ししたいな~と思います、面と向かってはいえないっすけどね


ちょっと真面目に書いてしまったその照れ隠しに…ネットで拾ったバカ画像を貼付ける不定期シリーズ





頑張って塗りましたネ


onep.jpg

ちゃんとパクれよ


sanrio.jpg

…どこがサンリオなのか説明してもらおうか


lion.jpg

おっさんが!!


こんなんばっか見てる君!!

アホになるよ



fin.

『SoftBank 705NK』

  • 2006-11-14 (Tue)
  • MONO
明日から出稼ぎに出るkenです


softbankについて、とりあえず俺が言いたいのは、孫って腹黒いよな

金斗雲に乗れる悟空と同じ名前とはおもえねぇって

笑顔の裏にはLを殺した時の夜神月よりも凶悪な顔が隠れている


俺はsoftbankユーザーですが友人や仕事相手にドコモが多い為むしろ損になるから予想外割引は使うつもりない

今まで通りのプランで機種変更もポイント&利用期間による割引があるのでそれなりの値段で変更出来るはず、ハッピーボーナスはただの分割払い(12~24ヶ月ローン)やし気が進まんし


けど俺は期待してる、nokia製705NKの発売に!














詳しい説明とか見たい人『softbank』でお願いします


イルミネーションはブルー系でキレイやし(写真ないけども)、カメラとしての性能がいいので俺の『canon ixy』完敗ixyはごつくてかっこい~と思って買ったけど何か知らんけど重いし、320万画素やし…買って4年経てばデジカメの世界ではすでに骨董品

目立ってデザインされてるわけでもないけど…
『ストレート』、『320万画素カメラ』『music player』機能がある『NOKIA』投下…やっぱあいつの腹は真っ黒だワ

個人的に萌える機能としてはPCサイトを見る為の『Nokia Web Browser』というブラウザアプリケーションを搭載しそうなこと!『ITmedia記事』(予定)


フェースプレート(外装)がオークションとかで売ってるので好きな色に変更することも出来るハズ…増々期待は膨らむ(出来ればオールブラックやビビッドなオレンジにしたい)


※実際販売価格は2万円前後になるらしいので…俺は一年半以上同機種使用+ポイント7000超えてます(500ポイント1000円引き)ので恐らく購入価格は5000円前後になり月々支払のあるハッピーボーナスよりお得な計算すね、ハイ

『softbank 705nk』

『nokia 705nk』

『ITmedia』



※追記

俺が始めて買ったケータイ…これでした↓
dp-154ex-bk.jpg


NOKIAのヘンテコ機種…ある意味個性出まくってました。

けど画面のショボさは…泣けてくる

『マナー機能搭載』ってあたりまえやんけ!!

時の流れを感じます


fin.

『姉ちゃんの自作詩集発見した』の件

もーだめ、サイコー

スゴク長いけどできればスレッドを見て欲しい

一見の価値アリ

『姉ちゃんの自作詩集発見したスレッド1』

『姉ちゃんの自作詩集発見したまとめ』

『姉ちゃんの自作詩集発見した@mixi』

俺はすでにファンです



fin.

『INSIDE MANを見た』

『INSIDE MAN』を見ました(少々ネタバレ)




最初に…あまり映画を見ない人やサスペンス等が好きじゃない人はオススメできない

寝てしまう質問攻めで一緒に見る人に迷惑をかけるだけですから

サスペンス系は眠くなるって人は多分登場人物や時間軸を整理出来ない人が多いと思う、それにあてはまる人にとっては『INSIDE MAN』は回りくどく、眠たい映画…なんだと思う。けどもしかするとこれがきっかけでサスペンス好きになるかも…と思わせる映画です

あらすじは『INSIDE MAN HP』で確認してもらうとして…

オープニング…音楽にヤラれたインドっぽい民謡?不思議な音楽でジャブ、銀行強盗主犯の完全犯罪宣言からスタートその後取り調べ、交渉シーン、突入、タネ明かし…という流れですが全てが前後し、想像シーンも入り1回見ただけでは楽しめない、本当に楽しむなら2回見ないといけない

時々出てくるジョーク、個人的には『銀行オーナーが飛行機を自ら用意するといって周りの刑事を引かせる』『黒人の子供が惨殺TVゲーム(PSP?)をしていて犯人が親に注意しなきゃと発言するトコ』『盗聴シーンで架空の国の大統領の演説を利用して警察を撹乱する所』は面白かった

デンゼルワシントンの一番最初の『ダイヤの指輪っていくらするんだ』ってセリフは最後まで見たら監督のお遊び&ヒントだった事がわかる

あと画面の仕掛け、映像のトーン、カメラワーク等はカッコ良くスタイリッシュ!流石スパイク・リー!!


出演陣は超豪華 デンゼル・ワシントン、クライブ・オーウェン、ジョディ・フォスター、クリストファー・プラマー、ウィレム・デフォー等…間違い無い俳優ばっか

良いバランスで映画が仕上がっていて見応えアリ…です

けっこうネタバレやけどタイトル=トリックです

ちゃんと映画を見ればトリックを理解出来るようになっている、フェアな映画です
最近じゃムズかしくすりゃいいって勘違いしてる映画多いけど個人的には絶対そうじゃないと思う

linkweb『INSIDE MAN』


fin.

『珍』

『ネットで拾ったハプニングを貼付ける・珍シリーズ』


『オウッ!!』
kinteki02.jpg


『我股間是鋼鉄也!!』
kinteki01.jpg


『カーンと裸男』
karn.jpg


『おまっ!…パンツ位はいてこいやぁぁ!!』
porori.jpg


タッチ
touch01.jpg


『トーマスって良いケツしてんなァ…』
sekuhara01.jpg




連貼は絵的にきついなぁ

このカーンは何かカッコイイ気がする

最後のセクハラ監督個人的には大好き!です



fin.

『週末連休箇条書』

今週末

『duvetica』のダウンは半端じゃなくかっこいいことがわかり

『nonnative』のWILDNESS FAR JACKETが着てみるとかなりかっこいいことがわかり

『graf』の内装が変わってオシャレだと思い

N広君の部屋は相変わらずオシャレだったことに安心し

N広君から『amadana』の計算機をプレゼントしてもらい(感謝!!)

NASAの技術で作られた『beach world』というものの存在を知り

バイクは秋に乗るもんじゃね~なってことが解り

VOLKSのハンバーグはやっぱ旨いな、庶民の味方だって事を確信し

Y岡君の着ていた白地に白色で『white』とプリントされたTシャツに不安を覚え

7年ぶり位に会った同級生がニートになっており

F久保君は後半寝てしまい『こいつと今日なんかしゃべったかな~?』っていう空気を懐かしみ

1000円しか持たず地元のBARへ行き

他のメンバーが金を持ってないことに『愕然』とし

もうこのメンバーとは知り会いのいるbarには行かない事を心に誓い

地元ではいつもグダグダなんだと改めて実感した3日間でした

色んな人と出会い話をするのは楽しかったです


linkweb:『nonnative』

linkweb:『amadana』

linkweb:『beach world販売店』

linkweb:『duvetica』

linkweb:『graf』


FIN.

『OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND』

はい、本日免許の更新してきたKENです

違反者講習でさだまさしの『償い』というリアルに人を凹ますBGMで締めくくられる交通安全ドラマを見せられました…
俳優さんの演技や設定等思いの他泣かせる内容でちゃっかり見てしまった
優良運転手の人はみないで30分そこらで帰れるので俺は違反してよかったと思った


sada.jpg

さだ先生


話は変わり久しぶりにCD購入(さだじゃねぇよ!)

ちなみに俺、最近じゃ一年に一枚買うか買わないかのロングサイクル

ヘビロテって何?常に買ったCDはヘビロテですけども

理由はいいのが無いとか、殆どパソコンで買えるとかネットラジオ聞いてる事が多いとかなんやけど

oau01.jpg



『OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND』の1STアルバム

これは良(アタリ)

スコットランド民謡?ウエスタン?ロックか?って感じで分類できない音

良い意味で変なんやろうか?

メンバーは外人とBRAHMANの4人でやっとります

9曲目の『SQUALL』イイです、ヴァイオリン(多分)の響きがキレイ

weblink:『OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND』


fin.

Home > 2006年11月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。