Home > 2006年06月

2006年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

『カラダスキャン♪』

ある方から『体組成計』というものを頂きました

karadascan.jpg


コレなんですが

凄く楽しいです

とりあえず今の俺のデータなんですが…

身長:180cm

体重:66kg

年齢:24

性別:male

BMI:20.5

体脂肪率:10.1%

骨格筋率:39.0%

代謝:1653kcal

体年齢18歳!!

いや~健康そのものです、体は。

精神は病んでますが体は問題ないようです

簡単に説明するとBMIってのは国際的な肥満指数で『22』がベストらしいです
だから俺は少しやせているんでしょうね

体脂肪は有名っすよね、体重に対する脂肪の100分率ですね

骨格筋も上に同じで体重に対して筋肉の量を割合で表します

他には内臓脂肪の危険度なんかも解るので毎日測っちゃってます、楽し~い!

体脂肪計くれた『Uサン』に感謝!!


fin.

『奇跡は起きませんでした』

奇跡はおこせなかった

というかチ―ムがまとまってない状態で奇跡が起きるはずなかったんだ…

hide06622.jpg


最後まで走り続けた中田

試合後項垂れピッチに仰向けになった…

そこに駆け付けるチームメイトは中沢、宮本、アドリアーノ(ブラジルかよ!元チ―ムメイトね)

チ―ムメイトは中田を1人にしてあげたのか、それとも中田はやはり孤高の選手なのか…

選手も全員ショックで自分で精一杯だったんだろう

心中察するに余りある…

中田は3試合通じてピッチ上のどこにでも顔を出していて

本当に一所懸命なのが伝わって不覚にも泣いてしまった…

川口も『守護神』と呼ぶに相応しい仕事をしてくれた
(その他ノーコメント)



今後の『日本代表』は夏にアジアカップ予選が迫っている

急速な新チーム作りが望まれる

やはり『監督』はかなり重要

若い選手を育てる事も重要なので

実績のあるヨーロッパ系の監督がいいんじゃないか?

日本には『ヨーロッパ的な組織サッカー』が良く似合うと思う

DF、FWの選手も入れ替えが必要だ

特に重視したいのはフィジカル的要素

やはり海外の大型ディフェンダーに対して100%ふっとばされるFWなんてDFにしたら全く恐くない

同じ理由でDFも

あとDFに関してはもう少し寄せを早くする必要があるんじゃないか?

セリエA等の当たりが重要視されるリーグで武者修行するのもいい

今代表とアテネ世代との融合も必要だと思う

恐らく新監督は最初『小野』『稲本』『川口』『中村』『中田』当たりは召集すると思うが…

とにかく点を取れるFWを今からでも遅くない、育てるべきだ

個人的には代表に『松井大輔』は絶対必要だ!(MFだけどね)

彼のドリブルや状況を見るセンスは今会の代表に入っていても遜色なかっただろう、ってか俺は彼を呼んで欲しかった(同い年だしね)あと度胸もある

FWではけっこう粒は揃ってる気がするが…

まだこれといって抜き出てるのはいないんじゃないかな?

平山、佐藤、大久保辺りは名前は売れてるが代表(U-21やolympic、A代表)での実績は無いに等しいし!

けど平山に関しては今後フィジカルをもっともっと磨いて日本のターゲットマンとしての成長を期待したい

大久保や佐藤に関してはやはりアジリティが並の選手じゃない!!が強さや高さは世界に通用しないなぁ…

大久保はハートのある選手で高校サッカーではホント天才かと思ったけどね!

新たな若手(今高校生とかの)選手が出てくる事は日本が2010のワールドカップに出場する事の必須条件じゃないかな?

あっ!DFはけっこう色々揃ってるな!!(データ見ながら)

色々な選手試しながら総入れ替えで大丈夫じゃない?




さて、まだドイツワールドカップは終わった訳じゃない

ここからは『本当の世界一』を決める戦いが始まる

今回は特にBEST16に相応しい実力通りのチ―ムが駒を進めたように思う

予選見て『アルゼンチン』は相当ヤウ゛ァイ、と思ったし

『スペイン』も若手の活躍もあってかなりまとまったチームになってると思う

『イングランド』『ブラジル』『オランダ』等は今ひとつ乗ってきてるとは言いがたいけど常勝チームらしい戦いを決勝リーグでは見せてくれると思う

『フランス』はマズイ

多分予選通過できないだろう

出来たとしても一回戦敗退が濃厚だろ?

フランスは輝いていない

俺の予想は月並みだけど優勝『ブラジル』でよろしく

最初は『ダメジル』だったけど日本に勝ってかなり調子上がってくると思う

対抗馬は『アルゼンチン』『ドイツ』『イタリア』『スペイン』でって…ベタだなぁ


FIN.

『JCD2006 BEST100』

久々仕事話です…ってか1日に2回も書くなんて珍しいんですが

ちょっと興奮してます

ウチの事務所で僕が担当させて頂いた物件が

JCDデザインアワードBEST100

に選ばれました!

事務所名義だけど、自分もアシスタントとして図面&現場で手伝えたので本当に誇りに思う

正直選ばれるって思ってなかったんで…

とゆうか…他の選ばれてる方々はかなり有名なんですけど!!

INFIXの『間宮吉彦』さん、CAFEの『森井良幸』さん、この前BLOGで紹介した NAP建築設計事務所の『中村拓志』さん 同じく紹介済みキュリオシティの『グエナエル・ニコラ』さん

大御所!!architectureWORKSHOPの『北山 恒』さん吉岡徳仁デザイン事務所の『吉岡 徳仁』さん……までビッグネーム揃いですね!!

第2次審査で図面は無記名なんですけど写真見れば誰の作品かすぐ解っちゃいますよね…

これは暗黙の了解事項か?

けれどこんな素晴らしいメンバーの選ばれた賞の1次通過は本当に嬉しいです!!

現在2次審査用の図面を製作中!!

俺のテクニックでビッグな方々の事務所に対抗できるプレゼン図面を作れるだろうか…

いつも通りの『超シンプル』で行くか…

なにはともあれサッカーがもしダメでもこっちは『予選突破』な訳で

出来るだけ上まで上り詰めます、やるしかない

JCD2006 BEST100

FIN.

ドルムントの奇跡

いよいよ今日、奇跡は起きるか?

もう、ホント決勝トーナメント行ければ奇跡

ブラジルに勝つだけでも奇跡

その上2点差で勝つなんて超奇跡

それに加えオーストラリアにクロアチアガ1-0でのみ勝つなんて…

もうありえないっての

なんて不確定で他人任せで崖っぷちな通過条件あるんでしょうか?

これで奇跡が起きたら優勝よりスゴイ(それはいいすぎだな)

マジで今後語り継がれる奇跡になるね


この前の敗戦で『柳沢』『玉田』等FW陣は激しくバッシングされてるね

まぁ当たり前だろーけど!!!

決定的ミスは当然叩かれる訳だし、それで選手も成長して行く訳だし

まぁ彼等の場合もうニ度と『日本代表』に選出されないだろうけどね…

ヘなぎシュート(クリア?)

玉田のフィジカル

ジーコにも『覚悟しろ!』みたいな事言われて

ん~可哀想な奴…

けど先発が『た…玉田っ!!!?』

あれ~?俺の見まちがいカナ~?

予想先発は『玉田』&『たったっタカハラ~!!?』

…マジか?ジーコ?

キーパーにドリブルしかけしかもフィジカルで負けた男『玉田』

そしてドイツで『スシ』&『ミスターゼロ』と呼ばれる男『高原』

…なんだ?コレは?このツートップは?

くせぇ!!負けの臭いがぷんぷんするぜぇ~!!???


それに比べてヒデは泣かせるナ~

中田ヒデの決意

こんなんで終わるのは信じられん

ホント、ワザワザドイツまで行ってるサポーターや朝4:00にテレビの前で応援してる人達のためにも!!

マジで勝ってくれ!!


余談ですが日本戦の開始時間って日本のテレビ局の要請で開始時間早くなったんだってね

だからあっつい時間に2試合もあったんだってね(まぁ負けた言い訳にはならんがね)

ジーコも恨み節でるわ


FIN.

首の皮1mm繋がってる

最近blogのネタがサッカーばっかり!

昨日は燃えたが、それ以上に落胆もした…

正直『クロアチア』の決定力の無さに助けられた試合でもありました

このままだとクロアチアはオーストラリアに勝てないんじゃないかな?

では『極個人的』にですが日本代表に採点をしま~す

COARCH
ジーコ          4.5 4バックは無難。後半の稲本は効いた。
                後半ドリブルの玉田でなく裏に走る大黒を投入すべき
GK
川口能活         7.0 再三の好セーブで日本を勇気づけた。PKでの集中力は圧巻
DF
宮本恒靖         4.5 前半の痛いPK&YCで次戦欠場は痛い。
                右サイドを再三クロアチアに狙われピンチを招く
三都主アレサンドロ    5.5 攻撃では積極性が見られたが
                ディフェンスに関しては攻め込まれるシーンが多かった
加地亮          6.0 積極的なオーバーラップ、守備も安定
中澤佑二         7.0 この日一番の安定感、マークを外されなかった
MF
中田英寿         6.5 2本の枠をとらえたミドルは決めて欲しかった
                後半は運動量が落ち、周りとの連携が噛み合なかった
小笠原満男        5.5 期待された程の活躍は見られなかった。
                中盤のボール回しには貢献
中村俊輔         5.0 精彩を欠く。実力は全く出せていなかった。
福西崇史         7.0 守備に貢献。中田の上がった穴を無難に防いだ
稲本潤一         6.5 後半出場。守備では体の強さ、バランスの良さが
                目立ったが攻撃参加は数える程しか無かった
FW
高原直泰         1.0 ゴール前の動きは良かったがシュート0
柳沢敦          1.0 動きはあったが点に結びつかず
                決定的な場面でのミスはFWとしてありえない
玉田圭司         1.0 後半途中出場もボールタッチ僅か。見せ場0
大黒将志         ナシ 残り5分での出場で採点は不可


『ここで採点出来ます』

といった感じの採点です。

異論反論あると思いますが『FW』に本当は

1.0点もあげたくない

彼等は何故『点を狙わないのか?』

何故だ!!

『ストライカーではないのか!?』

動き出しの良さ、連携、運動量の多さに関して先発の2人がいいのは解る

過去の実績も評価していいし俺も決して悪い選手だなんて思っちゃいない!

しかし本来FWとは『ゴールを決めてやっと本物と認められるのでは?!』


…昔『戦犯』という言葉がありました

『ベッカム』や『トッティ』もその軽率な行為で攻められたりしました

けど彼等の今の輝き!

もうだれも責めたりしません

昨日不覚にもその『戦犯』という言葉が頭を過りました

もちろん『日本』に戦犯はいませんし絶対作っちゃいけない


俺はいつも思ってる…1人や特定のポジションを責めたくはない…!!

だけど…!!

後半始まってすぐの決定的な折り返しのシーン!!

何故ゴールを見ない!??

何故むづかしい事をあの決定的な場面で狙う!!?

『JAPAN』は『BRAZIL』ではない!!

泥臭かろうが、華麗に決めようが『1点は1点だ』


…ヒートアップし過ぎだ俺…

ブラジル戦は先発FW『巻』&『大黒』でどう?

ポストプレーを巻に任せて大黒は裏へ表へ右往左往走りまくり!!

巻を起点に得意のくさびの形が出れば得点のチャンスでしょ

…ないな

ジーコの頭にはこの案は1%も無い!

報告です、俺は次のブラジル戦は『ワールドカップ予選の最終試合』じゃなく『歴代最強のセレソンと歴代最強のJAPANが真剣勝負で戦える最後の試合』と思って楽しみます

それでも『日本国民』は『日本代表』と『奇跡』を信じ抜く!!

FIN.

ニュルンベルク・運命の戦

もう頭の中は『日本代表』のことでいっぱい

勉強なんて手に付かない!!

今日はいいでしょ!仕事もOFFで!!

今日が『最後の戦』にならないように『最後の戦』だと思って(矛盾してるがそんな気持)で戦って欲しい、日本人はアタマでは否定的な事を言いつつ皆ココロでは応援している

不安材料もあるし、何と言ってもあの負けから短時間で立ち直るのは『不可能』だと思う

それは『ワールドカップ予選リーグ初戦で負けたチームが決勝トーナメントに進む確率』の低さに現れている(4%位だったか?)

正直、DFは立ち直れてないと思う、悪夢の後半3失点はまたあの時間帯になると恐怖となって甦る

強く、高いクロアチアFWへの有効な対応策も無いだろう

しかし『加地』『小笠原』は初戦は不出場、『大黒』も出てない様なもん

これは『吉』と出るはず

プレッシャーは大きくなるが、幾分負けの悪いイメージは低いだろう(敗戦後の練習で控え組の表情が明るかった事からも見て取れる)

今日の試合、日本は攻撃に『運命』を掛けている、ディフェンスは正直捨てている、ジーコからそういった意志を感じる…


けどもういい、もう語る事はもういい…

マスコミが莫大な情報を流し続けている

議論は飽きた、試合を見ろ…だ!!!


FIN.

6/12=屈辱的惨敗の日




ショックでBLOGは閉店してました(嘘ですが)

6/12はの敗戦は一生忘れられません

惨敗の一言

ジーコジャパンになって最悪の試合では?

終わった後は何が起こったのか?理解までに時間がかかりました

悪かった所は上げるとキリがないのでなんもいいません!

しかし!

日本のサッカー会のヒエラルキーの頂点が『あの出来』では…本当に屈辱的です

ワールドカップは甘くない、一回きりの本番なんです

『内容』は問われない、『結果』が全てです

イングランドなんて初戦の内容は本当の実力から見れば『う○こ』みたいなもんでしたが

きっちり勝ってます(しかもオウンゴールで)

スウェーデンも苦しいながら引き分け、最低ラインの勝ち点1を手に入れてますね

強豪と呼ばれる国は自分達のスタイル、そして勝ち方、引き分け方を知っている

日本サッカー協会は4年間で60億近い金を注ぎ込んで結局日本のサッカーをどうして行きたかったのか?

いまだ明確なビジョンは見えてきません(少しは見えて来た気がします)

それは4年後の南アフリカ大会に期待しよう!

戦術の問題じゃないんだ!

大和魂を!!ハングリーな勝ちにこだわる試合が見たいんです!!

日本代表は『本当に120000000人の重み』を感じて欲しい

選手が一番悔しいのは解ってるけど…

日本人はみんな、6/12同じ時に同じ屈辱を味合わされたんだ!!

このような終わりは信じたくない

ヒデの『勝ち点6を狙う』の言葉が代表23人全員の『意志』であることを願う

最後に…

ワールドカップは『祭り』ではない、『戦争』…だ!!


FIN.

Home > 2006年06月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。